お問い合わせ

TOP  > シンポジウム

シンポジウム

国際宗教研究所は主な活動として定期的に公開シンポジウムの開催、および東洋英和女学院大学・死生学研究所と「生と死」研究会の共催をしています。
ここでは開催のお知らせや直近のシンポジウムの報告をいたします。

過去のシンポジウムについてはこちらをご覧ください。

(公財)国際宗教研究所公開シンポジウム「支え合う、はぐくむ、宗教の力―格差と孤立を乗り越えて―」

この度、(公財)国際宗教研究所は上智大学グリーフケア研究所との共催で、シンポジウムを開催することとなりました。多くの方のご参加をお待ちしております。

日 時 2019年2月17日(日)13:00~17:30
※受付開始 12:30~
※申込締め切り 2月11日(月)
場 所 上智大学2号館17階2-1702会議室(東京都千代田区紀尾井町7-1)
参加費 無料

登壇者①池田奈津江(弥生神社権禰宜)
   ②久保一元(天理教麹町大教会会長)
   ③ビスカルド篤子(カトリック大阪大司教区社会活動センターシナピス事務局員)
   ④吉水岳彦(ひとさじの会事務局長)
コメンテータ 芳賀学(上智大学総合人間科学部教授)
司 会 弓山達也(国際宗教研究所常務理事/東京工業大学教授)

≪シンポジウム趣旨≫
 近年、「格差社会」「無縁社会」という言葉に代表されるように、子ども、女性、高齢者、外国人移住者など、日本の社会において弱い立場にあったり、少数者であったりする人々が、分断され、孤立する状況が起きています。ここ数年改善されたとはいえ、いまだ7人に1人の子どもが貧困状態にあるという報道に接し、私たちは驚きを禁じえません。社会の隅々まで明るく、豊かさが謳歌される、その陰で、貧しさと孤独に呻吟する人々がいることに、私たちはややもすると気付かずにいます。
 宗教(religion)は諸説ありますが、その後の由来からも「つなぎとめる」「むすびつける」という意味を有し、今、その本来の力が問われています。本財団はこれまで公開シンポジウムとして「無縁社会と宗教者ー新しいネットワークの創出」(2011年2月)、「現代宗教とつながりの力」(2014年2月)を開催し、また機関誌『現代宗教』では「宗教と排除・差別」(2018年)という特集を組み、この問題について考えてきました。
 今年度のシンポジウムでは、あらためて地域を拠点に町づくりに思いを凝らし、子育て、路上生活者、外国人等の支援活動に従事する宗教者にスポットを当て、その活動や思いに触れていきます。
 格差と孤立を乗り越えて、支え合い、つなぐ力をはぐくむ宗教の可能性に目を開き、参加者とともに議論を深めていきたいと考えています。

※お申し込みはこちらから
(募集期間2018年12月21日~2019年2月11日)

ページトップへ戻る